Ami-Chiku labo

あみちくらぼ★自己流編み物研究日記 

【スポンサーリンク】

グラニースクエアボトムバッグの編み方

こんにちは、Ami-Chiku laboのユミ(@fruor.yumi)です。

梅雨時+小学生が多忙なため、随分キャンプに行っていません。

今週末は息子が土曜登校日だったこともあり、遠出もできず、退屈にのんびり過ごしました。

で、家にいたら急に編みたくなった『グラニースクエアボトムバッグ』

 

 

だいぶ前(おそらく1年近く前)にインスタのフォロワーさんからリクエストいただいてたんですよね。(どんだけ後回しにしてんだ)

リクエストというか、作り方についての質問だったので、その場で『ここで◯目減らせばいいと思うよー!』と伝えて解決した気になっていました。

なぜか急に編みたくなったので、せっかくだし動画も撮ってみました。

 

f:id:theakatsuki401:20190709224355j:plain

 

編み方の解説のために編んだので、ランチトートサイズのミニバッグです。

私は普段Beautifull Moneyというアウトドア系ガレージブランドのめちゃくちゃ小さなお財布を使っているため、これでも十分な容量なんですけどね。

サイズの調整も簡単(底のサイズを大きくするだけ)なので、長財布派の方はもう少し大きめで作るといいと思います。

 

shop.beautifulmoney.tokyo

 

使ったのはコクヨの麻紐(ホワイト)

 

 

かぎ針は8号/5mm

 

 

内布に使った黄色いバンダナ柄の布は、ダイソーで買ったものです。

 

今回は家にあったので、コクヨの麻紐を使用しましたが、カラフルなコットン糸とかで編んでも可愛いと思います!

2色以上を段ごとに交換して編むと、ジグザグ模様になるので、色で遊ぶのも楽しいですね♪

 

このバッグは角に鎖を2目編み入れる正方形(1段に+8目)を元に、側面は角で2目増やしつつ辺の中心で2目減らす(±0)ことで、底面からジグザグの側面が垂直に立ち上がります。

面白い編み方ですね〜。

段の変わり目のところ、どうしようか悩みましたが、未完成の細編み+引き抜き編みでつなぎました。

これがなかなかいい感じで、どこが段の変わり目か、よくみないと分かりません。

また、持ち手の内側のところも、細編み+バック細編みを編んだので、4つの山がシンメトリーになり、バランスよくできたと思います!(自己満足)

 

 しかもこれ、1度も糸を切らないで編めるんです!

持ち手を後から縫い付けるのは頼りないので、繋がった糸でしっかり編めると安心ですよね。糸処理も少なくて楽だし。

強度を諦めて、糸処理の手間をかけて、好みのデザインのバッグを作ることはできるし、強度を優先したり、手間を軽くするために、デザインを多少妥協することもあり得るけど、

今回は、強度 ◎、糸処理の手間 最小限、デザイン 思ってた通りに仕上がったので、大満足です。

 

編み図も作成中です〜。

出来上がったらSTORE.JPで販売します。

 

 

 

動画はこちらでーす!


かぎ針編み★グラニースクエアボトムトートの編み方

 
 
【2019/07/17】追記
内布の作り方、折り紙で解説し直してみました!
合わせてご参照くださいませ〜